2017年12月13日水曜日

八竜湿地で水質調査

 みなさまこんにちは,よしだです。

 今週11日(月曜日),八竜湿地で定例の水質調査を行いました。今回は共同研究をしている名古屋市環境科学調査センターの方2名と一緒にサンプリングです。

 この調査は年4回,2月・5月・8月・11月に行っているものなのですが,今年11月の調査日はサンプリングを始めた途端に強い雨が降り始めたため急きょ中止とし,日程の都合上12月になってしまいましたが,昨日に延期したのです。

 きのうも朝は寒かったものの,サンプリング時は風がなければ太陽が暖かく感じられるくらい (^_^)。でも湿地はもうすっかり冬の装いですね。
地下水調査用の塩ビ管も
枯葉に囲まれています

 調査は3人で役割分担をしてサクサク進めていきます。皆フィールドワークに強いのがいいですね!

 9:30に始めた調査は,12時前には終わりました。これはかなりいいペース! みなさま,おつかれさまでした。
 

2017年12月8日金曜日

信州大学農学部環境講演会2017

 みなさまこんにちは,よしだです。

 12月6日 (水曜日),私は信州大学農学部で行われた環境講演会でお話をしてきました。講演のタイトルは「里山,湿地,そして生物多様性の保全」というもの。ここで言う里山は,そう,私たちKSCの活動のことであり,湿地はさまざまな方々と協力して行っている八竜湿地の保全活動のことであり,金城がこれらを中心に,生物多様性を守る取り組みをしていることを紹介してきました。

 当日名古屋はやや曇りがちでしたが,長いトンネルを越えて信州に入ると快晴! 高速道路からは真っ白な雪山を見ることができました。
パーキングエリアから望む南アルプスです
左が日本第二位の高峰の北岳 (3193m) ,
右が三位の間ノ岳 (3190m) です
 
 長野県南部にある信州大学農学部です。信州大学は長野県内に5つのキャンパスがありますが,ここ農学部は単独で 53 ha もの広さを誇ります。金城が約 25 ha ですから,その広さは倍以上! しかも国立大学では最も高い,標高約 770 m の地にあるキャンパスなんですよ! 余談ですが,国立大学で村にあるのもここだけです。

 午後から始まった講演は,一般の方の割合が多かったです。この写真はこの講演の打診をくださった福山先生に撮っていただきました。
 
 実は私,この信大農学部出身なんです。私が学生だった頃「若手の先生」だった千先生(写真左)も講演を聞きに来てくださいました。そして右は福山先生。八竜湿地の水量調査などで共同研究をしていることから,お声がけいただいた次第です。このように人のつながりがあって今の自分があるのだ,と感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 講演を終えて,福山先生と研究の打合せをしていると,あっという間に太陽が沈んでいきました。農学部から少し標高の高い所に出ると,南アルプスが夕日に照らされて輝いていました。 
学生時代と変わらない景色です

 私が信大農学部の時の卒論の研究テーマは有機合成で,修士課程では天然物化学(化学生態学)だったので,実は里山とは全く関係のない研究をしていました。しかし研究の過程で学んだ化学分析の手法は,現在の湿地の水質分析に生かされ,何よりこの豊かな自然環境が,私の中の自然に対する興味をより強くさせ,現在の里山や湿地保全に至っているのです。
 
 一見関係ないように見えても,振り返って見ればつながっているのですね。このように今の自分の基礎を作ってもらえた母校で講演をさせていただいたことで,わずかばかりですが恩返しができたかな,と思っています。

 みなさま,本当にありがとうございました。
 

2017年12月5日火曜日

里山学習講座「里山でクリスマスリースを作ろう」を開催しました

 みなさまこんにちは,よしだです。

 12月2日(土曜日),今年度の里山学習講座の第3弾となる「里山でクリスマスリースを作ろう」を開催しました。この日も天気に恵まれましたが,ちょっと寒い一日でした。そんな中,25名の方が大学に来られ,手作りリースづくりを楽しみました。

 私はこの日,他の仕事 (試験監督です) が入っていたため,里山での材料探しには参加できず,準備とリースづくりに参加しました。そのため写真がリースづくりの様子だけになります (ごめんなさい…)。
 
 こちらは特大サイズの松ぼっくりをリースに取り付けておられますが,これはテーダマツという外国産のマツのものです。今回特別に「あるところ」のものを分けていただきました。ありがとうございます!
 
 KSCの学生メンバーも空いた時間でリースづくりをしました。作り出すとついのめりこんでしまいますが,それだけ集中力がつくかも?
 
 リースづくりが一段落したところで,蜜ろうキャンドル作りをしました。リースとともにクリスマスを盛り上げるアイテムとなるでしょう (^_^)

 今回参加された方の作品の一部です。大きさも飾り方もさまざまですが,どれも素敵ですね! 

 これで今年度の里山学習講座はすべて終了しましたが,来年度もまた同じ内容で実施したいと考えています。ぜひ皆さんもご参加ください。おまちしています!
 

2017年11月25日土曜日

里山学習講座「わら縄で正月飾りを作ろう」を開催しました

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 きょう11月25日 (土曜日),里山学習講座の今年度第2弾となる「わら縄で正月飾りを作ろう」を開催しました。この講座は,畠山先生と私で担当している科目「里山プロジェクト」の夏合宿でお世話になっている,豊田市大野瀬町の方を講師に招いて行っているもので,今年で3回目になります。
 
 寒いながらもよく晴れ渡った空の下,まずはわらから縄を作っていきます。わらをたたいて柔らかくし,数本ずつ左右に持って編んでいきます。こうやって書くと簡単ですが,実際はなかなか難しいですね (>_<)  大野瀬町の方の指導で少しずつ長く,太くしていきます。

 午前の部が終わって,昼食はとろろごはん! 大野瀬町で育てられた「夢とろろ」という品種の自然薯を今年も用意していただきました (^_^)v うれしいですね~ いもの太さはゴボウくらいですが,粘りがすごくておいしいんです!
まずは夢とろろの説明から
 
 各自ですり鉢をつかってイモをするところからスタートです。手間はかかりますが,これがおいしさの秘訣でしょう。お子さんたちは皆興味津々です!
 
 今回小野先生も来られ,自然薯のおいしさを堪能されていました!
 
 お昼を挟んで午後は主に飾り付けをしていきます。その材料は事前には用意せず,ご自身で取っていただくことにしました。森にご案内して気に入ったものを採取します。今年は赤い実が全体的に不作なのがちょっと残念でした。
 
 部屋に戻って飾りつけです。「正月飾り」といってもいわゆる「しめ縄」ではなく,みなさん自由な発想で作り上げていました。       
 
 その作例がこちら! うまくまとめられていますね。大小さまざまな実が,豊かな一年を願う気持ちの表れのようです。

 参加者のみなさんからは,楽しかったとの感想をいただき,私たちとしてもとてもうれしく思います。参加者のみなさん,ありがとうございました。大野瀬町の方々,スタッフのみなさん,おつかれさまでした!
  

2017年11月22日水曜日

あいちの未来クリエイト部 (その6)

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 順番が前後してしまいましたが,先週末の11月18日 (土曜日) に,「あいちの未来クリエイト部」で私がアドバイザーをさせていただいた松平高校の家庭クラブのみなさんの成果発表会が行われました。
 
 場所は金山総合駅前のアスナル金山。この日は午前中冷たい雨が降っていたものの,幸い発表会が始まる午後には雨が止みました。天候はいまひとつでも,ここはいつもにぎやかですね。ちなみにバービーがとても目立っていますが,今回の「Let’s エコアクション in AICHI」(エコアクション推進フェア) とは関係ないそうです (笑)。
 
 「あいちの未来クリエイト部」はこの日,松平高校と知立東高校の2校が同じテントの下でそれぞれの成果を発表しました。成果発表と言っても,ブースに来られた方に,作った環境学習教材を実際に試してもらうのです。
 「小さなお子さん向け」として作成した当初の目的通り,子供さんが楽しそうにすごろくやゲームをしていていました。生徒さんが苦労した甲斐がありましたね!
 
  ブースの横ではフィギュアスケートで超有名!な小塚崇彦さんと,愛知県の環境部長さんとの「暮らしの中のエコについて」のトークショーが始まりました。
すごい人出です!
 
 有名人をこんな近くで見られるなんて! と思っていたら,トークショーのあとご本人がブースに来られるではありませんか!!! 一同感激です!
緊張しちゃうよね…
 
 16時に発表会は終了し,同じテントの中で発表を行った2校の生徒さんが,一緒になって記念写真を撮りました。これもご縁ですね!
 
  こうして「あいちの未来クリエイト部」としての一連の活動は終わったのですが,私にとってもいい勉強になりました。今回できたつながりは,これで切れることはないでしょう。みなさまひとまずおつかれさまでした!
  

2017年11月21日火曜日

KSC全体会

 みなさまこんにちは,よしだです。

 きょう 11月21日,しばらく中断していた全体会を開催しました。場所はいつものラーニングコモンズです。

 新しい部長による初めての全体会ですが,嬉しいことに今日から加わることになった学生さんもいて,学生さん9名と教員2名による,ここ最近では参加者数の多いミーティングとなりました。

 今回は,直近で開催する里山学習講座「わら縄で正月飾りを作ろう」と,「里山でクリスマスリースを作ろう」についての打ち合わせ,今後の活動のアイディア出しなど,盛りだくさんの内容でした。

 今後の活動の中には,ちょうど炭焼き小屋近くに伐採予定の大木があるので,それを使ってシイタケ栽培をしよう!といった楽しいものもあります(基本的に「里山を楽しむ」がポリシーですが・・・笑)。冬の寒さに負けないアクティブなKSCになりそうです!
 

2017年11月16日木曜日

アリのようでアリではない???

 みなさまこんにちは,よしだです。

 今日は自宅に現れた虫を紹介します。まずは写真をご覧ください。

 大きさは1cmほど。写真ではなく動画だとわかりやすかったかもしれませんが,ちょこちょこ歩き回る小さな虫です。その大きさ,色,歩き方,どれをとっても「あぁ,アリね」と思うことでしょう。

 でも違うのです! なんとこの虫,私が食事をしているときに,天井から糸を垂らして目の前に降りてきたのです(笑)。当然「おぉ,クモだ」とすぐに認識できたわけですが,「えっ?アリ?」と私も頭の中が「???」に。

 調べてみたら「アリグモ」というクモの一種のようです。名前もそのまんまですが(笑),歩くときは8本の脚の6本を使い,頭の2本の脚は写真のように前に出して,あたかもアリの触角のように動かす芸の細かさ! あまりに面白いので捕まえて写真を撮った次第です。

 アリのふりをして身を守っているそうですが,外見も身振りもこんなにそっくりに擬態するなんて,生きものの世界の多様性に感心するばかりです。